ママだって疲れるよね…子育てによるストレスの解消方法

能天気なきゃりーですが、正直、イライラすることもありました

ママの苦労仕事がうまくいかない、仕事がなかなかもらえない、焦り、不安……私ってライターに向いていないのかな……と落ち込むこともありましたが、こういう時に限って……夫が出張で長い事自宅にいないというときで、本当にくたびれ果ててしまったことがあります。
精神的に弱い方じゃないと思っていたのに、あれ?どうして涙が出ているんだろう?と自分でびっくりしたことがあります。

妊娠中、つわりですごくしんどい思いをした時にも、「つわりなんていつまでもあるもんじゃなし!どんなに長くても出産で終わりだ」と言っていた私、娘が初めて熱を出したときだって、どんと構えていられて、痙攣なし、水分取れてる!救急で行く必要はないから明日一番でいく!と夫をびっくりさせたくらいです。
だから夫が長く出張だって大丈夫と思っていたのに、育児している事、仕事をしている事全部を投げ出してしまいたい、何もしたくない、私の時間がほしいってホロホロ泣きまくったことがあります。

どうしてなのか?今だからわかること

育児ってどんなに頑張っても、どんなに苦労しても、誰も助けてくれない時間があります。
ご両親と同居しているなどの場合、行き詰った時泣きつくことができるのかもしれません。
でも、核家族化が進む日本では、多分、私の家庭のように、夫が出張などでいなくなったら、育児はただ一人、夫が毎日仕事で夜遅くなるから、常に子供と対峙しているという状態の家庭はわんさかあるでしょう。

ライターとして仕事をし始め、納期もある、だから子供に時間通りに寝てほしいのに、そういう時に限って親の心を察したかのようにぐずる……誰も見てくれない、助けてくれない、仕事できない、どうしよう……こういう気持ちがめいいっぱいになって、いつの間にか一人、大泣きしてしまったという状態を作ったのだと今、わかります。

「終わり」がないんです。
育児というのは、今日が終わってもまた明日がある、明日が終わってもまたその次がある、子供がある程度大きくなるまで、いえ、結婚して一家の主となるまで、終わりってないんです。
だからこそ、疲れてしまう、助けてって言ってみたくなるのではないでしょうか。

そういう思い、一人じゃないです

今、自分だけが社会から取り残されて、子供と二人きり、という孤独を感じられているママ、何かわからないけれど、疲れ果ててしまって泣くばかりのママ、いいんですよ、それで。
泣きたいなら大泣きすればいいし、孤独なら旦那さんにさみしいと大声でいってもいいんです。

あのね、今はわからないと思うけど、子育ては終わりがない、でも、楽になったなーと思うときがやってくるのです。
私たちが親に育ててもらったときにもきっと、あれ?いつの間にか結構自分の時間とれてるじゃん!と思うときが来ます。

何がやらなければならないことがあっても、疲れているなら一緒に子供と寝ていいんです。
夫がいる時間があるなら、美容院いってくるから頼む!と有無を言わさず出かければ、夫は仕方なく面倒をみます。
そうすれば、ママがどんなに大変か、その短い時間で理解するかもしれません。

リラックスする時間を作る、できるならベビーシッターを頼んでもいいし、デパートなどのチャイルドルームに預けて1時間でもいいからショッピングなど、一人で何ができる時間を作りましょ。
大丈夫、あなただけが孤独じゃないし、あなただけがストレスを持っているんじゃなく、それが当たり前なんです。

パパにも子育てを手伝ってもらおう!子供への影響について

余裕が生まれた

家族私はフリーランスとして自宅で働いているので、夫が早めに帰宅して夕ご飯が終わると、あとの面倒は夫が見ていてくれるということが多いです。
私が仕事をすることで、貯蓄が増えていることを通帳で実際に見せているから、娘の教育費用のことや、たまに行く家族旅行などに利用できる「余裕のお金」を稼いでくれていると感じていると思われる夫です。

パパが子育てに参加してくれることで、一番よかったなと思ったことが、私に余裕ができて仕事をしっかりできるようになったことで、娘との時間がとても楽しくなったことです。
パパが協力的じゃないと、仕事、家事、育児すべてを一人でこなすことになるので、仕事をしたくでも娘が寝てくれなくてできない……というとき、イライラが本当に半端なかったんです。

でもそれがなくなって、パパに対しても笑顔で接することができるようになったので、
パパの子育て協力の効果は絶大だと常に感謝しています。

パパの愛情を子供が強く感じてくれる

両親の愛情をたっぷり受けて成長した子供は、人を愛する力があるといいますが、人を愛せる力、人を大切に思う力を持ってほしいというのは親の願いでもあります。
人を愛せる事ができるということは、イコール、自分のことも愛せます。
自分は必要な人間なんだ、こんなにもパパから、ママから愛されているということを、深く考える事が出来ない赤ちゃんの頃から、肌で感じ取れるのです。

ママと子供は通常、一緒にいる時間が長いです。
うちは特に、私が自宅で仕事をするため、一緒にいる時間がずっとパパよりも長い、だからこそ、パパと共にいる時間は大切な時間だと、多ければ多いほどいいと感じるのです。

パパが叱るのとママが叱るのでは子供の受け取り方が違うといいます。
まだまだ本気で怒ったことがない(それほどの大きな悪さをしないから)私たちですが、子供が本当に悪いことをした時、パパが叱るのならママがフォロー、ママが叱るのならパパがフォロー、二人で一緒に叱って、子供の居場所がないという状態は造らないようにしようと常々話をしています。

パパの存在は確実にママと違う

シングルマザーで頑張っているママたちを否定するとか、両親ともにそろっていなくてはいい子にならないなんてことはちっとも思いません。
私の身近にも、シングルマザーとしてお子さんを育て上げた方がいますが、本当にいい子に成長しました。
二言目には、ママを楽にしてあげたい、ママが幸せって思ってほしいというお子さんたちです。

思春期の時期にはちょっと苦労もあったようですが、大きく曲がることなくしっかり成長した姿を見ると本当にママさん、凄いっ!って心から感動してしまうくらいです。
だからこそ両親がそろって子育て出来る状況になるなら、ママのすべきこと、パパがすべきことをそのご家庭それぞれの役割でこなしてほしいと感じるのです。
娘を見ていると思うのですが、パパがいるときとパパがいない時では、娘の表情が違います。

なんとなく……ですが、ママさみしそうだから一緒にいてあげるよって感じに見えるのです。
パパがいないのはさみしい、パパの存在を普段感じているからこそ、ママに寄り添う気持ちを持ってくれているのかなと親ながら関心してしまうのです。

我が子の虫歯予防に!私たち親が知っておくと良いポイント

子供の歯のこと、考えていますか?

虫歯日本も歯の健康について以前よりもずっと考えるようになってきました。
私も子供が生まれてから、自分はもとより、子供の歯の健康のことを真剣に考えるようになりました。

私、歯が弱いのか磨き方がよくないのか、子供の頃結構虫歯で苦労したのです。
奥歯などは虫歯になってしまい、めちゃくちゃ辛い思いをしたものです。
そんな思いを子供に味あわせるのは絶対にいや!と、娘の歯のことにはすごく神経を使っています。

乳歯だから虫歯になっても大丈夫なんていうママもいますが、乳歯の時こそ、歯を清潔に保つということが大切なんです。
乳歯の時代に虫歯ができると、乳歯から永久歯に生え変わるときに影響します。
虫歯がひどくなってそのままにしておくと、歯並びにだって影響するのです。
乳幼児の歯を守るのは母の役割、特にうちは娘なので、真っ白で虫歯のない歯、それに、歯医者さんに進んでいけるように、赤ちゃんの頃から歯医者さんに通っています。

虫歯ってどうしてできるのか

虫歯は虫歯菌が作るということは皆さんご存知だと思いますが、この虫歯菌「ミュータンス」という菌です。
甘いものばかり食べていると口の中に糖分が残るので、この糖分が大好きなミュータンス菌の温床となります。

ようはこのミュータンス菌を口腔内に存在できないようにしておくことが大切なんです。
そのためにできることは、甘いものの摂取をできる限り防ぐ、そしてミュータンス筋を口腔内から出来る限り減らすことが必要です。

ミュータンス菌は本来赤ちゃんの口腔内にいない

親から様々なものをもらって成長する赤ちゃんですが、残念なことに虫歯菌などももらってしまいます。
なぜ大人の虫歯菌が感染するかというと、スプーンやお箸などから感染することが非常に多いんです。

昔は、大人が硬いものをかみ砕き赤ちゃんに柔らかくして与えるなどしていたので、間違いなく大人が持っている虫歯菌やそのほか、口腔内にいる菌を子供に分けてしまっていたのですが、最近はそういうことがよくないことと、皆さんわかっています。
でも、赤ちゃんが離乳食を開始したり、固形物を食べられるもぐもぐ期になると、大人と同じようなものが食べられるようになるので、ついつい自分のお箸であーんなんてあげてしまいます。

こうしたことでミュータンス菌が赤ちゃんの口腔内に移行するのです。
そして……うちの旦那さんにもしつこく言いましたが、お口同士のキスは絶対にダメ!。
虫歯菌が赤ちゃんに移れば、苦労するのは赤ちゃんです。
ミュータンス菌についての詳しい説明は下のサイトからどうぞ。
>>知っていないと怖い虫歯菌の常識『東戸塚の歯医者が教える歯のブログ』

ミュータンス菌には酸に変わる

糖類が好きなミュータンス菌は、糖類を摂取すると酸を作り出します。
これが虫歯の元です。

そのため、キシリトールがおススメです。
キシリトールのガムなどがありますが、小さいお子さんは噛んで出すということができないので、タブレットという方法もあります。
ミュータンス菌が酸を出さないようにすることが何よりなので、糖類の摂取を過剰にしないということ、大人利用したものを赤ちゃんに利用しないということ、さらにキシリトールなどを有効的に利用すると虫歯予防になります。

歯磨きの習慣とおやつの時間などをしっかり決める

正しい歯磨きは、親が指導するよりも赤ちゃん世代から歯医者さんに予防という面で通うことで、しっかり覚えてきます。
親世代の歯磨きは間違った歯磨きを教わっている可能性もあるので、歯医者さんに指導してもらうのが一番です。

小さいころから歯医者に行っているうちの娘は、おもちゃがもらえる(おとなしく診察するとガチャガチャができて、専用コインを入れるとおもちゃをもらえる)先生のところと把握しているくらいです。
虫歯になったことが勿論ありませんので、先生を怖いと思わないし、歯医者さんに恐怖を感じないのです。
歯磨き習慣をつける事、歯医者さんに定期的に(うちは半年から行きました)通うこと、必要があればフッ素コートなどを施してもらうこと、おやつの時間を決めて、その後は甘いものなどを食べないようにすること、など、家族の中で歯の決まりを作っておくといいでしょう。