日本は構い過ぎ?アメリカの子育て事情に迫る!

育児ストレスを感じやすい日本人?

家族海外で子育てをされている日本人ママ、テレビなどで見るとおおらかで細かいことは気にせず、愛情表現豊かに子育てされていると感じます。
育児に関して日本人よりもずっとエンジョイしているような気がしますし、国も子供を育てるという事、また子供の健やかな成長のために、色々な援助を惜しまないのだという事を感じる事が多いです。

アメリカのママたちは特に、どうしてそんなに明るいの?と思うくらいいつも笑い声の中育児されている印象があります。
育児に悩むことが多い日本のママたちを見ていると、常に笑顔という事はないし、時に、ストレスを解消できず、イライラし同士のママも見かけます。
アメリカと日本で何が違うのか?笑顔いっぱいの育児をしているアメリカと日本の育児についてちょっと覗き見してみます。

お風呂も寝る際の習慣も全く違うアメリカと日本

ママの初仕事は授乳、パパの初仕事は沐浴なんて印象がある日本ですが、アメリカではなんとへその緒が取れるまで沐浴しないのです。
でも赤ちゃんって新陳代謝が激しいから、沐浴させた方がいいと思うのは私だけでしょうか。

アメリカでは、赤ちゃんと大人が一緒にお風呂という習慣がありません。
そのため、日本よりもずっと長くベビーバスを利用しますし、ベビーバスグッズもたくさん販売されているので、かなり便利に楽しく沐浴できるようになっています。

アメリカのママたちはシンクにベビーバスを置いて、お子さんが歩けるようになってからはバスルームに洋服を着たまま入り、身体を洗ったり、髪の毛を洗ったりしてあげるのですって。
日本では早くからベビーバスをやめてお父さんとお風呂デビューしますが、アメリカでは全く違う習慣があるのです。

更に寝る時の習慣も日本と全く違います。
日本では赤ちゃんが別室で寝るなんて考えられないことですが、アメリカではだいたい3ヶ月くらいを過ぎると別室で寝かせます。
3ヶ月くらいまでは夜の授乳回数が多いので、ママも一緒にいる方が楽ですが、その後は、寝室に一人で寝られるように、その癖をつけるために別室にするのです。
その為アメリカでは、別室の赤ちゃんに変わった様子がないかどうか確認できるモニターが各種販売されていますし、非常に種類が多いです。

夜泣きしてもちょっと放っておく、寝かしつけるストレスがないアメリカ

日本のママたちに、育児で何がつらい?と聞くと、多くのママたちが、夜寝てくれないことが本当に苦痛、寝かそうと思ってもものすごく時間がかかるといいます。
またある時期、夜泣きがひどくなって、その間車でドライブに行ったり、ずっと抱っこしていたりと……きゃりーにも経験があります。
ラッコ状態で寝ていました。

アメリカでは生後3ヵ月くらいから一人寝のため、別室で寝かせていますので、ママたちは寝かしつけのストレスが全くありません。
赤ちゃんのうちから一人で寝室に行くのが当然の毎日なので、寝室に一人いることが子供にとってもストレスがないのです。
また夜泣きに関してもほとんどの家で、赤ちゃんのお部屋にモニターが設置されているため、泣いてもすぐ行かず、様子を見てあまりにも泣き止まないようなら見に行く、という感じのようです。

でも……泣いている子を放っておくというのもストレスになります。
私も保健師さんから夜中に泣いても放っておけばいい、あまり抱かない様になんて言われたのですが、我慢できず抱っこしていました。
泣いている子を黙ってみていることがストレスになるのなら、「マニュアル」に沿わなくても、自分流子育てでいいんじゃないか?と私は感じています。

飲むもの・食べるものの違い

アメリカは非常に合理的主義な国です。
冷凍食品やレトルトなどを普段からばんばん利用しますし、テイクアウトの種類もかなり多いです。
省けるものは省く、何も面倒を掛けることはない!という国なので、ああ、本当に主婦もママもストレスが少ないだろうと感じます。

母乳育児をしないママたちもすごく多いですし、すぐ復職したいという気持ちを持ったママたちも多いので、日本のように母乳神話はあまり聞きません。
ミルクに関しても、粉と液状のものがり、液状はキャップをつけてはい飲ませる……というものなので、夜の授乳もストレスなしです。

これならパパも簡単にミルクをあげる事が出来ます。
離乳食も日本では10倍粥からスタートするのが基本ですが、アメリカは野菜、フルーツのピューレが最初の食事となります。
玄米を粉状にしたものをお湯で溶かして食べさせるライスシリアルも一般的な離乳食です。
アメリカでは何もかもが合理的、周りの目なんて気にしない、自分の育児に自信を持っているママが多く、この我が家流こそ、ストレスが少ない育児の基本となっているのでしょう。

最近では子供と一緒にアメリカ留学をする人も増えているといいます。
全員が全員、アメリカでの暮らしに向いているとはいいませんが、確実に日本よりも合理化されている地で親子一緒に学ぶというのもありかもしれませんね。

せっかくなのでアメリカ留学に関するサイトを紹介しますので確認してみてくださいね。

【アメリカ留学】
親子留学・キッズ留学
高校生からのアメリカ留学