仕事中に役立つ時短テクニックのポイント

フリーライターとしてしてきたこと

フリーライター私、フリーライターとして今、お金を頂いている身なのですが、ここまでくるには苦労がなかったとは言えません。
やっぱりライターをし始めのころには、うまくいかないこともあったり、
クライアントが求める記事の質、レベルまで到達できずやり直しになったり、
自分に合ったレベルではなく背伸びしたレベルの仕事を受けてしまい、
納期に間に合わないー!と青くなったことも数知れません。

とにかく最初のうちは、文章を数多くつくる!これにつきます。
こういう文章しか書かないということではなく、勉強しながら
いろいろな文章にチャレンジしていくことで文章の質は自然と
上がっていきます。時に、こういういい回しでいいんだろうか、
この場合、こういう言葉は使わないかな?と辞書で調べてみたり、
言葉の意味を逐一ネットで検索してみるなど、一つの文章を
作り上げるまでにかなりの時間がかかりました。

事実を書くことは必須、それ以外で時短を探す

ライターとしてウソを書くわけにいきません。
どんな文章、たとえブログ等であっても、読み手が
いるのならできる限り正しい情報を書かなければ意味がないのです。
そのため、調べ物に費やす時間は必須です。

では、数多くの案件をこなしていくために何が必要となるのか、
というと、徹底的に文字の変換ツール、辞書を利用するということです。
ライティングにキーワードがある場合、間違いがないように
キーワードを短縮文字にして辞書登録します。例えば、
ライティングなら「ら」この一文字で
変換できるようにしておくと、文字を打つ数も少なくすみます。

ただ気を付けてほしいのが、そのほかの「ら」が
入る言葉を打つとき、変換ミスに注意が必要という点です。
らくだと打ちたかったのに「ライティングくだ」と
なってしまっては意味がありません。

タイピングスキルは持っておく方がいい

ここで重要になるのが、タイピングスキルです。
これは磨いておいてほしい重要事項です。
私の場合、若かりし頃に必死になって勉強した
タイピングが役に立ちました

当時は今ほど早く打つことができませんでしたが、
基本ポジションをしっかり覚えたこと、両手、
10本の指を利用できるようになったことは、
ライターとしての確実なスキルとなりました。
キーボードに目を落とすことなくタイピングできる、
イコール、誤変換を無くすことができます。
とはいえ……いまだにクライアント様から誤変換や
タイピングミスを注意されることがある私なので、
強い事は言えませんが……でも、タイピングスキルを
あげておくと、辞書登録した短縮文字をしっかり使いこなし、
スピーディーな文章入力ができるようになるのです。

時間を決める事はとても重要な要素

時間がない、納期が迫っているというとき、私はスマホの
タイマーを利用し、1記事書き上げる時間を決めてその
時間内に書き終える事ができるように努力します。
例えば1000文字の文章なら少なくとも10分で仕上げる、
それを4本書くとずれもあって通常50分くらいになります。

人の集中力はもって50分くらいといわれていますから、
ここで休憩、つまり、時間にして45分から50分入力し、
記事にして少なくとも4本終了、ここで
10分休憩といった感じです。
休憩のときにはパソコンから離れます。
私の場合は、10分間の間にトイレに行き、お茶を飲み
甘いものを食べたり、おせんべいを口にするなどします。
気持ちがすっきりしてまた10分後、仕事に向かう気持ちになります。

WEB系の文章を書いていると、新しい言葉がどんどん出てきます。
モバイルフレンドリーとか新しい人気のソフト会社の名前とか、
そういったことは一度で覚えることができないので、
テキストファイルに意味を含めて入力してためていきます。
私はWEB系、政治・社会系、スポーツ系などと区別して
残しておくので、あとから何だっけ?と思ったとき、かなり役立ちます。

会社勤めからフリーランスになりたい人へ

まだ会社で仕事をしていたころは、こういった
勤怠管理の機能に特化したクラウドサービスによって勤務時間を
管理されていました。設定した残業時間を超過すると
アラームがなる機能が付いていて、効率的にライティングを
しないと残業せざるえなくなり、よく警告を飛ばされたものです。

どんな人でも働き過ぎてしまえば、身体を壊してしまいます。
フリーランスになっても、勤務時間を細かく管理できなければ、
働き続けることも難しくなるでしょう。ゆくゆくは
フリーランスとして働きたい人は、会社の勤務時間内で
効率的に成果を挙げる方法を身につけましょう。

マンション?戸建て?子育て世代に便利な住まいとは

やっぱり自分の家が欲しくなります

住宅
結婚や出産などのライフイベントを迎えると、家族も増えますので自然と住まいについて見直すことになります。
きゃりーも出産直後は引っ越しする気はなかったのですが、子供が大きくなるにつれて戸建てやマンションの購入を真剣に考えるようになりました。

子育て世代として気になるのは、子育てに向いているのはマンションか戸建てか、という所です。
戸建てだと近所迷惑を気にする必要がありませんし、子供が大きくなった時に部屋を与えられる利点があります。
しかしマンションだと戸建てよりも安いですし、駅から近かったり、セキュリティがしっかりしていたりといった利点があります。

どんな住まいがいいかは人それぞれです

マンションと戸建てのどちらに利点があるかということは、家庭によるとしか言えません。
転勤が多い家庭なら、気軽に引っ越すことができる賃貸マンションが便利ですし、子供が騒いだリ暴れたりしても近所が気にならないのは戸建てです。

通勤に便利な場所に住みたい場合もマンションがおすすめです。
駅から近い土地は人気が高いため価格も高騰しますし、広い土地はなかなか売りに出されないため、広い戸建てはなかなか建てられません。
子供が大きくなったときに、通学にも便利です。

ですが、やはり戸建ては子供が床をどんどん鳴らしたり、走り回ったりしても問題ないところが魅力です。
壁や床に落書きしても、敷金が帰って来ない!みたいな心配もいりません。
ペットも飼えますので、情操教育にもいい影響が期待できます。

中には、戸建てを購入した後に子供が生まれて、部屋が足りなくなってしまうこともあります。
部屋数に余裕を持った戸建てを購入できないなら、しばらくは賃貸マンションで暮らして準備を行ってもいいですね。戸建てを頭金が多いほど値下げ交渉もしやすくなるので、家族計画と一緒に家族でじっくり話し合いましょう。

住宅を安く購入する方法

戸建てにしてもマンションにしても、購入する場合は大金が必要になります。
しかしちょっとした工夫で安く購入できるため、よく調べてから貯蓄や物件探しを行いましょう。

例えば戸建ての場合は、オーダーメイドの住宅を注文するよりも、プランが限定されたローコスト住宅を選べば、新築のきれいな家でも安く購入することができます。
ローコスト住宅についての詳細な説明や、安い理由については下のサイトをご参考ください。
>>ポラスグループの990万円からの注文住宅・建て替えMOK HOUSE

賃貸マンションや賃貸住宅を借りる場合は、UR賃貸住宅を利用すると安く借りられる場合があります。
UR賃貸住宅は礼金や仲介手数料が不要で、物件の更新費用もかかりません。
入居には条件があり、人気物件は抽選になりますが、興味のある方は下のサイトからご覧ください。
>>UR賃貸住宅(旧公団住宅)

日本は構い過ぎ?アメリカの子育て事情に迫る!

育児ストレスを感じやすい日本人?

家族海外で子育てをされている日本人ママ、テレビなどで見るとおおらかで細かいことは気にせず、愛情表現豊かに子育てされていると感じます。
育児に関して日本人よりもずっとエンジョイしているような気がしますし、国も子供を育てるという事、また子供の健やかな成長のために、色々な援助を惜しまないのだという事を感じる事が多いです。

アメリカのママたちは特に、どうしてそんなに明るいの?と思うくらいいつも笑い声の中育児されている印象があります。
育児に悩むことが多い日本のママたちを見ていると、常に笑顔という事はないし、時に、ストレスを解消できず、イライラし同士のママも見かけます。
アメリカと日本で何が違うのか?笑顔いっぱいの育児をしているアメリカと日本の育児についてちょっと覗き見してみます。

お風呂も寝る際の習慣も全く違うアメリカと日本

ママの初仕事は授乳、パパの初仕事は沐浴なんて印象がある日本ですが、アメリカではなんとへその緒が取れるまで沐浴しないのです。
でも赤ちゃんって新陳代謝が激しいから、沐浴させた方がいいと思うのは私だけでしょうか。

アメリカでは、赤ちゃんと大人が一緒にお風呂という習慣がありません。
そのため、日本よりもずっと長くベビーバスを利用しますし、ベビーバスグッズもたくさん販売されているので、かなり便利に楽しく沐浴できるようになっています。

アメリカのママたちはシンクにベビーバスを置いて、お子さんが歩けるようになってからはバスルームに洋服を着たまま入り、身体を洗ったり、髪の毛を洗ったりしてあげるのですって。
日本では早くからベビーバスをやめてお父さんとお風呂デビューしますが、アメリカでは全く違う習慣があるのです。

更に寝る時の習慣も日本と全く違います。
日本では赤ちゃんが別室で寝るなんて考えられないことですが、アメリカではだいたい3ヶ月くらいを過ぎると別室で寝かせます。
3ヶ月くらいまでは夜の授乳回数が多いので、ママも一緒にいる方が楽ですが、その後は、寝室に一人で寝られるように、その癖をつけるために別室にするのです。
その為アメリカでは、別室の赤ちゃんに変わった様子がないかどうか確認できるモニターが各種販売されていますし、非常に種類が多いです。

夜泣きしてもちょっと放っておく、寝かしつけるストレスがないアメリカ

日本のママたちに、育児で何がつらい?と聞くと、多くのママたちが、夜寝てくれないことが本当に苦痛、寝かそうと思ってもものすごく時間がかかるといいます。
またある時期、夜泣きがひどくなって、その間車でドライブに行ったり、ずっと抱っこしていたりと……きゃりーにも経験があります。
ラッコ状態で寝ていました。

アメリカでは生後3ヵ月くらいから一人寝のため、別室で寝かせていますので、ママたちは寝かしつけのストレスが全くありません。
赤ちゃんのうちから一人で寝室に行くのが当然の毎日なので、寝室に一人いることが子供にとってもストレスがないのです。
また夜泣きに関してもほとんどの家で、赤ちゃんのお部屋にモニターが設置されているため、泣いてもすぐ行かず、様子を見てあまりにも泣き止まないようなら見に行く、という感じのようです。

でも……泣いている子を放っておくというのもストレスになります。
私も保健師さんから夜中に泣いても放っておけばいい、あまり抱かない様になんて言われたのですが、我慢できず抱っこしていました。
泣いている子を黙ってみていることがストレスになるのなら、「マニュアル」に沿わなくても、自分流子育てでいいんじゃないか?と私は感じています。

飲むもの・食べるものの違い

アメリカは非常に合理的主義な国です。
冷凍食品やレトルトなどを普段からばんばん利用しますし、テイクアウトの種類もかなり多いです。
省けるものは省く、何も面倒を掛けることはない!という国なので、ああ、本当に主婦もママもストレスが少ないだろうと感じます。

母乳育児をしないママたちもすごく多いですし、すぐ復職したいという気持ちを持ったママたちも多いので、日本のように母乳神話はあまり聞きません。
ミルクに関しても、粉と液状のものがり、液状はキャップをつけてはい飲ませる……というものなので、夜の授乳もストレスなしです。

これならパパも簡単にミルクをあげる事が出来ます。
離乳食も日本では10倍粥からスタートするのが基本ですが、アメリカは野菜、フルーツのピューレが最初の食事となります。
玄米を粉状にしたものをお湯で溶かして食べさせるライスシリアルも一般的な離乳食です。
アメリカでは何もかもが合理的、周りの目なんて気にしない、自分の育児に自信を持っているママが多く、この我が家流こそ、ストレスが少ない育児の基本となっているのでしょう。