効率的にライティング!サクサク書き進めるためのコツ

知ること・得る事・努力することは必須

pcタイピングスキルは文章を数多く打っていくことで自然と上がっていくと思いますが、ライティングの中身、これは自分一人で考え、自分一人で勉強し、自分一人で作業しなければなりません。
スピードは鍛錬で何とかなっても、物事を知る、情報を得る、理解するということは努力しかないのです。
今はインターネットというものすごく便利なアイテムがありますので、わからないことは即辞書を調べるように、言葉の意味を調べます。

例えば企業に属していて同じ課に働く同僚、上司がいる場合、「これってどういう意味でしょうか?」と聞くことができますし、経験がある方にライティングの相談などもできます。
でも、フリーライターとなった今、私の味方は基本的に私以外にいないのです。

勿論、私に仕事をくれる担当さん、クライアントさんにどういった趣旨、方向性で記事を作ればいいかという相談はできますし、唯一、私以外の頭脳、心強い味方だと勝手に思っているのですが、最終的に文章を考え記事にしていくのは私です。
そのため、仕事を効率よくこなしていくために必要な流れを自分で作り出していくことが必要だと考えています。

自分だけのライティング構成を作ろう

私はまずクライアント様、担当さんから頂いたこういう趣旨で書いてほしいという内容に目を通します。
「は?なんだこれ?全然わからない?」と思うときは、クライアント様や担当の方に連絡し正直に「これはどういった方向で書けばいいでしょうか」と聞きましょう。
その上で、内容が見えてきたら文章に何を書いていくことが必要なのか、テキストに書いておきます。

テキストに書いた言葉をみながら、こういう流れでこういう風に書いていこうという構成を決めて、本当に伝えたいことから書き始めます。
これは絶対にこの記事の中で伝えなければならない事、と感じたことを自分の思いつくままに書いていくのです。
こちらのサイトからもライティング構成についてのことが詳しく紹介されているのでご覧下さい。
>>株式会社フルスピードSEOブログ 『Growth Seed』

ライターの方は感じたことがあるかと思いますが、びっくりするくらい指と脳が連動し、頭に思い浮かべたことをサクサク文章に乗せることができる時間があります。
それを断ち切ることなく流れに任さてどんどん入力していきます。

客観的に文章を読むことが大切

最終的に入力した文章を読み、流れのままに書いた文章からいらない表現を消していきましょう。
そうすると、本当に伝えたかったことが文章に残ります。

最後にその文章を音読しながら文字の間違い、ご入力がないかを見ていくのです。
なぜ音読が必要なのかというと、目で追っているだけでは文章がおかしいところなどに気がつかないからです。

声に出して耳で聞くと、あれ?この言い回しはおかしいぞということに気がつきます。
客観的に文章を読むということも含めて、声に出して(あまり大きな声だと家族が迷惑ですが……)しっかり読みます。

私の場合はこうしたライティングの仕方ですが、人によって書きやすい流があると思いますので、経験の中からそれを見つけていけばいいのです。
私にできたのですから、きっと皆さんにも皆さんなりの方法が見つかるはずです。

仕事中に役立つ時短テクニックのポイント

フリーライターとしてしてきたこと

フリーライター私、フリーライターとして今、お金を頂いている身なのですが、ここまでくるには苦労がなかったとは言えません。
やっぱりライターをし始めのころには、うまくいかないこともあったり、クライアントが求める記事の質、レベルまで到達できずやり直しになったり、自分に合ったレベルではなく背伸びしたレベルの仕事を受けてしまい、納期に間に合わないー!と青くなったことも数知れません。

とにかく最初のうちは、文章を数多くつくる!これにつきます。
こういう文章しか書かないということではなく、勉強しながらいろいろな文章にチャレンジしていくことで文章の質は自然と上がっていきます。
時に、こういういい回しでいいんだろうか、この場合、こういう言葉は使わないかな?と辞書で調べてみたり、言葉の意味を逐一ネットで検索してみるなど、一つの文章を作り上げるまでにかなりの時間がかかりました。

事実を書くことは必須、それ以外で時短を探す

ライターとしてウソを書くわけにいきません。
どんな文章、たとえブログ等であっても、読み手がいるのならできる限り正しい情報を書かなければ意味がないのです。
そのため、調べ物に費やす時間は必須です。

では、数多くの案件をこなしていくために何が必要となるのか、というと、徹底的に文字の変換ツール、辞書を利用するということです。
ライティングにキーワードがある場合、間違いがないようにキーワードを短縮文字にして辞書登録します。
例えば、ライティングなら「ら」この一文字で変換できるようにしておくと、文字を打つ数も少なくすみます。

ただ気を付けてほしいのが、そのほかの「ら」が入る言葉を打つとき、変換ミスに注意が必要という点です。
らくだと打ちたかったのに「ライティングくだ」となってしまっては意味がありません。

タイピングスキルは持っておく方がいい

ここで重要になるのが、タイピングスキルです。
これは磨いておいてほしい重要事項です。
私の場合、若かりし頃に必死になって勉強した(事務系のOLをしていた時、かっこよくキーボードをみずにタイピングする先輩を見て強烈に憧れ、自らタイピングを必死に覚えました)タイピングが役に立ちました

当時は今ほど早く打つことができませんでしたが、基本ポジションをしっかり覚えたこと、両手、10本の指を利用できるようになったことは、ライターとしての確実なスキルとなりました。
キーボードに目を落とすことなくタイピングできる、イコール、誤変換を無くすことができます。
とはいえ……いまだにクライアント様から誤変換やタイピングミスを注意されることがある私なので、強い事は言えませんが……でも、タイピングスキルをあげておくと、辞書登録した短縮文字をしっかり使いこなし、スピーディーな文章入力ができるようになるのです。

時間を決める事はとても重要な要素

時間がない、納期が迫っているというとき、私はスマホのタイマーを利用し、1記事書き上げる時間を決めてその時間内に書き終える事ができるように努力します。
例えば1000文字の文章なら少なくとも10分で仕上げる、それを4本書くとずれもあって通常50分くらいになります。

人の集中力はもって50分くらいといわれていますから、ここで休憩、つまり、時間にして45分から50分入力し、記事にして少なくとも4本終了、ここで10分休憩といった感じです。
休憩のときにはパソコンから離れます。
私の場合は、10分間の間にトイレに行き、お茶を飲み甘いものを食べたり、おせんべいを口にするなどします。
気持ちがすっきりしてまた10分後、仕事に向かう気持ちになります。

WEB系の文章を書いていると、新しい言葉がどんどん出てきます。
モバイルフレンドリーとか新しい人気のソフト会社の名前とか、そういったことは一度で覚えることができないので、テキストファイルに意味を含めて入力してためていきます。
私はWEB系、政治・社会系、スポーツ系などと区別して残しておくので、あとから何だっけ?と思ったとき、かなり役立ちます。