日本は構い過ぎ?アメリカの子育て事情に迫る!

育児ストレスを感じやすい日本人?

家族海外で子育てをされている日本人ママ、テレビなどで見るとおおらかで細かいことは気にせず、愛情表現豊かに子育てされていると感じます。
育児に関して日本人よりもずっとエンジョイしているような気がしますし、国も子供を育てるという事、また子供の健やかな成長のために、色々な援助を惜しまないのだという事を感じる事が多いです。

アメリカのママたちは特に、どうしてそんなに明るいの?と思うくらいいつも笑い声の中育児されている印象があります。
育児に悩むことが多い日本のママたちを見ていると、常に笑顔という事はないし、時に、ストレスを解消できず、イライラし同士のママも見かけます。
アメリカと日本で何が違うのか?笑顔いっぱいの育児をしているアメリカと日本の育児についてちょっと覗き見してみます。

お風呂も寝る際の習慣も全く違うアメリカと日本

ママの初仕事は授乳、パパの初仕事は沐浴なんて印象がある日本ですが、アメリカではなんとへその緒が取れるまで沐浴しないのです。
でも赤ちゃんって新陳代謝が激しいから、沐浴させた方がいいと思うのは私だけでしょうか。

アメリカでは、赤ちゃんと大人が一緒にお風呂という習慣がありません。
そのため、日本よりもずっと長くベビーバスを利用しますし、ベビーバスグッズもたくさん販売されているので、かなり便利に楽しく沐浴できるようになっています。

アメリカのママたちはシンクにベビーバスを置いて、お子さんが歩けるようになってからはバスルームに洋服を着たまま入り、身体を洗ったり、髪の毛を洗ったりしてあげるのですって。
日本では早くからベビーバスをやめてお父さんとお風呂デビューしますが、アメリカでは全く違う習慣があるのです。

更に寝る時の習慣も日本と全く違います。
日本では赤ちゃんが別室で寝るなんて考えられないことですが、アメリカではだいたい3ヶ月くらいを過ぎると別室で寝かせます。
3ヶ月くらいまでは夜の授乳回数が多いので、ママも一緒にいる方が楽ですが、その後は、寝室に一人で寝られるように、その癖をつけるために別室にするのです。
その為アメリカでは、別室の赤ちゃんに変わった様子がないかどうか確認できるモニターが各種販売されていますし、非常に種類が多いです。

夜泣きしてもちょっと放っておく、寝かしつけるストレスがないアメリカ

日本のママたちに、育児で何がつらい?と聞くと、多くのママたちが、夜寝てくれないことが本当に苦痛、寝かそうと思ってもものすごく時間がかかるといいます。
またある時期、夜泣きがひどくなって、その間車でドライブに行ったり、ずっと抱っこしていたりと……きゃりーにも経験があります。
ラッコ状態で寝ていました。

アメリカでは生後3ヵ月くらいから一人寝のため、別室で寝かせていますので、ママたちは寝かしつけのストレスが全くありません。
赤ちゃんのうちから一人で寝室に行くのが当然の毎日なので、寝室に一人いることが子供にとってもストレスがないのです。
また夜泣きに関してもほとんどの家で、赤ちゃんのお部屋にモニターが設置されているため、泣いてもすぐ行かず、様子を見てあまりにも泣き止まないようなら見に行く、という感じのようです。

でも……泣いている子を放っておくというのもストレスになります。
私も保健師さんから夜中に泣いても放っておけばいい、あまり抱かない様になんて言われたのですが、我慢できず抱っこしていました。
泣いている子を黙ってみていることがストレスになるのなら、「マニュアル」に沿わなくても、自分流子育てでいいんじゃないか?と私は感じています。

飲むもの・食べるものの違い

アメリカは非常に合理的主義な国です。
冷凍食品やレトルトなどを普段からばんばん利用しますし、テイクアウトの種類もかなり多いです。
省けるものは省く、何も面倒を掛けることはない!という国なので、ああ、本当に主婦もママもストレスが少ないだろうと感じます。

母乳育児をしないママたちもすごく多いですし、すぐ復職したいという気持ちを持ったママたちも多いので、日本のように母乳神話はあまり聞きません。
ミルクに関しても、粉と液状のものがり、液状はキャップをつけてはい飲ませる……というものなので、夜の授乳もストレスなしです。

これならパパも簡単にミルクをあげる事が出来ます。
離乳食も日本では10倍粥からスタートするのが基本ですが、アメリカは野菜、フルーツのピューレが最初の食事となります。
玄米を粉状にしたものをお湯で溶かして食べさせるライスシリアルも一般的な離乳食です。
アメリカでは何もかもが合理的、周りの目なんて気にしない、自分の育児に自信を持っているママが多く、この我が家流こそ、ストレスが少ない育児の基本となっているのでしょう。

指しゃぶりの悪影響とやめさせる方法とは?

癖になっている

指しゃぶりちゅちゅっと指をすう赤ちゃん、本当にかわいいです。
でも3歳くらいになってもまだ指をちゅぱちゅぱしていると、ママは気になり始めます。

うちの子は指をしゃぶるのではなく、眠くなるときだけ必要なタオルがありました。
指しゃぶりも赤ちゃんの特徴ともいえます。
妙に何かに固執する事って、赤ちゃん時期はすごく多いです。

指をしゃぶっている赤ちゃんをみると、おなかがすいたんじゃないかとか、指をしゃぶるのは良くないとか、さみしい証拠だとかっていう近所のおばさまたちがいましたが、私、一応ライターなので、指しゃぶりは赤ちゃんが手を自分の物だと認識したり、どんなふうに動くんだろう?と試している行動でもあるし、ふと見つけた足をしゃぶる子もいます。

赤ちゃんは体が柔らかいので、足でも何でも届くところで何かを発見すればしゃぶります。
おもちゃを握れるようになると、必ず口に持っていきますが、これも確認です。
でも次第に口に持っていかなくなります。
口で近くの物を確かめなくても、ハイハイ出来たり、歩くことができるようになれば、確かめに移動すればいいのですから、しゃぶって確かめる必要がなくなるのです。

ダメなのはいつまでも指しゃぶりする状態

歩くようになっても指をしゃぶっているというお子さんがいますが、困るのは歯並びに影響するということと、感染症にかかる可能性が出てくるという点です。
指のしゃぶり方によっても違いがありますが、前に押し出すようにしゃぶっていると歯が曲がって生えてきたり、出っ歯になる事もあります。
それに上の歯と下の歯のかみあわせに影響が出てしまうこともあります。

指、爪には沢山の菌が付きますので、ウイルスや雑菌が体内に入りやすくなるということもあります。
できれば歩くようになる前、歯が生えてくる前までには、指しゃぶりを止めさせたいものです。

指しゃぶりを攻略する方法

指をしゃぶっているこの指にはタコができている子も少なくありません。
そこに絆創膏をばしっと貼ってしまいます。
痛いのができているから絆創膏をはって治そうねと言えば、治す、しゃぶりにくいということもあり、しゃぶらなくなる子もいます。
お子さんが好きなキャラクターなどの絆創膏を利用しても、かわいそうだから舐めないであげて……なんていえるのでおススメです。

しっかり期間を区切って子供に伝える

4歳を過ぎると、お友達ともしっかりコミュニケーションがとれるようになっていきますし、ママ、パパが話すことをきちんと理解できます。
まだまだ自分をコントロールする事はうまくいかないかもしれないけど、相手がいう事を理解できるのですから、お子さんに期間を伝えてここでやめようねって話をしてみましょう。

うちの娘などもそうでしたが、4歳、5歳くらいになると「おねーさん」になりたいんです。
妹が欲しいとかそういう事じゃなく、公園にいって小さいお子さんを見かけるとおねーさんぶったり、家に親戚のちびちゃんが遊びに来ると面倒をみたがります。

もうおねーさんだもん、指しゃぶりはやめようねとか、ちびちゃんが見てるよ?指しゃぶり真似しちゃうと困るな……、また5歳のお誕生日になったらやめようねと、言葉で伝えても十分わかる年齢です。
そんなことでこんなにしつこく執着してきたことをやめることができるの?というママもきっといると思いますが、案外、ママがびっくりするくらいあっさりやめる子もいます。

こんなになっちゃうよ?と歯並びの写真を見せる

実際に歯並びが悪くなっている写真をお子さんに見せて、○○ちゃんと同じでずっと指をしゃぶっていたらこんなふうになってしまったんだよと写真を見せながらお話ししてみるといいでしょう。
歯が悪くなるとかみかみ出来なくて、○○ちゃんの好きなおせんべいも食べられなくなっちゃうね?など、指しゃぶりで歯並びが悪くなると好きな物もうまく噛めなくなったり、虫歯になる事も多いんだよ?とお話ししてみてください。
また虫歯の本やばい菌の絵本などを見せて、指をしゃぶっていることで歯並びが悪くて虫歯になりやすくなってしまう事や、指の黴ばい菌がお腹に入って痛い思いをするかも?と伝えてみるといいかもしれません。

お子さんにあった対処方法がきっとあります。
ちなみに姉の子は指にからしを塗って(やる事が本当に荒い……)指しゃぶり克服しました。
一度からしをなめたら二度と口に持っていきませんでしたよ。

「3歳神話」に根拠なし!それより自分の子どもと心から向き合おう

結構振り回されました

3歳神話きゃりーも物書きをしているので、3歳児神話とか幼児教育などの記事を書くこともあり、色々なことを調べ、学び、実は3歳児神話に振り回されてきた人です。
情けないことに、やっぱり自分の子は頭がいい子でいてほしいし、運動神経もよくなってほしいし、できれば何か秀でたことができる方がいいなんて考えてしまいます。

子供が生まれるときには、馬鹿でも何でもいいから五体満足、健康に出てきてっ!しか思わなかったのに、親なんて本当に勝手なものです。
実は3歳児神話、厚生労働省の研究によると、運動能力などにはほとんど関係なしという結果が出ています。
もしかしたら幼児教育の教材メーカーなんかの販売促進でこういうことが広まったのか?なんて、いじわることを思うキャリーですが、3歳までにいろいろなことを経験させることで、脳への刺激となって、心豊かな子になるということはいえるようです。

3歳までのお子さんは非常に不安定

お母さんに全幅の信頼を置いている乳幼児期、そこからだんだんとほかのことに興味を持つようになっていくのですが、赤ちゃんはいろいろなことに刺激をうけつつ、その刺激を興味にかえて、これはなんだろう?知りたい……と本能的に親から離れて興味あることをしようという年代が来ます。
はいはいから歩くことができるようになると、自分から移動できるので、興味ある方へどんどんいこうとする、でも、今までママとべったりだったのですから、不安を感じます。
その時、ママやパパがいつでもそばにいて、どこに行っても大丈夫という気持ちをお子さんが持てたら、安心してお友達と遊ぼうとしたり、ほかの人と一緒にいられる時間が多くなっていくのです。

不安定な時期こそしっかり愛情を注ぐこと、それが3歳児神話です

3歳までは心も体も不安定、赤ちゃんが誕生してすぐ、脳は爆発的な細胞分裂をどんどん続けて、赤ちゃんから幼児へと成長していきます。
首が座る、お座りできるようになる、ハイハイする、立つ、歩く、走る……びっくりするくらい成長します。

この時期、とても心が不安定なので、何をするにもママとパパに一緒にいてほしいと感じています。
泣けば、ぐずればママもパパもすぐ来てくれる、そんな信頼関係をしっかり傷事がこの時期にできれば、大人になってから心が不安定になる事も少ないといいます。

大人になってからも、私以外見ないでほしい、いつも一緒にいないと不安という女性、男性がいますが、一定の関係にひどく固執する状態は、幼児期に不安定要素が強かった、つまり、親からの愛情を受けていることを認識できずに成長してしまった人が多いという意見もあります。
甘えさせない方がいいとか、泣いてもしばらく放っておく方がいいなんていう方もいますが、だっこしてあげてください、泣いたらどうしたの?と理由をしっかり聞いてあげてください。
してはいけないことを伝えることも大切なことですが、何より、しっかり抱きしめて、ママとパパが常に、赤ちゃんの側にいて、味方なんだということを見せてあげてください。