ママだって疲れるよね…子育てによるストレスの解消方法

能天気なきゃりーですが、正直、イライラすることもありました

ママの苦労仕事がうまくいかない、仕事がなかなかもらえない、焦り、不安……私ってライターに向いていないのかな……と落ち込むこともありましたが、こういう時に限って……夫が出張で長い事自宅にいないというときで、本当にくたびれ果ててしまったことがあります。
精神的に弱い方じゃないと思っていたのに、あれ?どうして涙が出ているんだろう?と自分でびっくりしたことがあります。

妊娠中、つわりですごくしんどい思いをした時にも、「つわりなんていつまでもあるもんじゃなし!どんなに長くても出産で終わりだ」と言っていた私、娘が初めて熱を出したときだって、どんと構えていられて、痙攣なし、水分取れてる!救急で行く必要はないから明日一番でいく!と夫をびっくりさせたくらいです。
だから夫が長く出張だって大丈夫と思っていたのに、育児している事、仕事をしている事全部を投げ出してしまいたい、何もしたくない、私の時間がほしいってホロホロ泣きまくったことがあります。

どうしてなのか?今だからわかること

育児ってどんなに頑張っても、どんなに苦労しても、誰も助けてくれない時間があります。
ご両親と同居しているなどの場合、行き詰った時泣きつくことができるのかもしれません。
でも、核家族化が進む日本では、多分、私の家庭のように、夫が出張などでいなくなったら、育児はただ一人、夫が毎日仕事で夜遅くなるから、常に子供と対峙しているという状態の家庭はわんさかあるでしょう。

ライターとして仕事をし始め、納期もある、だから子供に時間通りに寝てほしいのに、そういう時に限って親の心を察したかのようにぐずる……誰も見てくれない、助けてくれない、仕事できない、どうしよう……こういう気持ちがめいいっぱいになって、いつの間にか一人、大泣きしてしまったという状態を作ったのだと今、わかります。

「終わり」がないんです。
育児というのは、今日が終わってもまた明日がある、明日が終わってもまたその次がある、子供がある程度大きくなるまで、いえ、結婚して一家の主となるまで、終わりってないんです。
だからこそ、疲れてしまう、助けてって言ってみたくなるのではないでしょうか。

そういう思い、一人じゃないです

今、自分だけが社会から取り残されて、子供と二人きり、という孤独を感じられているママ、何かわからないけれど、疲れ果ててしまって泣くばかりのママ、いいんですよ、それで。
泣きたいなら大泣きすればいいし、孤独なら旦那さんにさみしいと大声でいってもいいんです。

あのね、今はわからないと思うけど、子育ては終わりがない、でも、楽になったなーと思うときがやってくるのです。
私たちが親に育ててもらったときにもきっと、あれ?いつの間にか結構自分の時間とれてるじゃん!と思うときが来ます。

何がやらなければならないことがあっても、疲れているなら一緒に子供と寝ていいんです。
夫がいる時間があるなら、美容院いってくるから頼む!と有無を言わさず出かければ、夫は仕方なく面倒をみます。
そうすれば、ママがどんなに大変か、その短い時間で理解するかもしれません。

リラックスする時間を作る、できるならベビーシッターを頼んでもいいし、デパートなどのチャイルドルームに預けて1時間でもいいからショッピングなど、一人で何ができる時間を作りましょ。
大丈夫、あなただけが孤独じゃないし、あなただけがストレスを持っているんじゃなく、それが当たり前なんです。