「3歳神話」に根拠なし!それより自分の子どもと心から向き合おう

結構振り回されました

3歳神話きゃりーも物書きをしているので、3歳児神話とか幼児教育などの記事を書くこともあり、色々なことを調べ、学び、実は3歳児神話に振り回されてきた人です。
情けないことに、やっぱり自分の子は頭がいい子でいてほしいし、運動神経もよくなってほしいし、できれば何か秀でたことができる方がいいなんて考えてしまいます。

子供が生まれるときには、馬鹿でも何でもいいから五体満足、健康に出てきてっ!しか思わなかったのに、親なんて本当に勝手なものです。
実は3歳児神話、厚生労働省の研究によると、運動能力などにはほとんど関係なしという結果が出ています。
もしかしたら幼児教育の教材メーカーなんかの販売促進でこういうことが広まったのか?なんて、いじわることを思うキャリーですが、3歳までにいろいろなことを経験させることで、脳への刺激となって、心豊かな子になるということはいえるようです。

3歳までのお子さんは非常に不安定

お母さんに全幅の信頼を置いている乳幼児期、そこからだんだんとほかのことに興味を持つようになっていくのですが、赤ちゃんはいろいろなことに刺激をうけつつ、その刺激を興味にかえて、これはなんだろう?知りたい……と本能的に親から離れて興味あることをしようという年代が来ます。
はいはいから歩くことができるようになると、自分から移動できるので、興味ある方へどんどんいこうとする、でも、今までママとべったりだったのですから、不安を感じます。
その時、ママやパパがいつでもそばにいて、どこに行っても大丈夫という気持ちをお子さんが持てたら、安心してお友達と遊ぼうとしたり、ほかの人と一緒にいられる時間が多くなっていくのです。

不安定な時期こそしっかり愛情を注ぐこと、それが3歳児神話です

3歳までは心も体も不安定、赤ちゃんが誕生してすぐ、脳は爆発的な細胞分裂をどんどん続けて、赤ちゃんから幼児へと成長していきます。
首が座る、お座りできるようになる、ハイハイする、立つ、歩く、走る……びっくりするくらい成長します。

この時期、とても心が不安定なので、何をするにもママとパパに一緒にいてほしいと感じています。
泣けば、ぐずればママもパパもすぐ来てくれる、そんな信頼関係をしっかり傷事がこの時期にできれば、大人になってから心が不安定になる事も少ないといいます。

大人になってからも、私以外見ないでほしい、いつも一緒にいないと不安という女性、男性がいますが、一定の関係にひどく固執する状態は、幼児期に不安定要素が強かった、つまり、親からの愛情を受けていることを認識できずに成長してしまった人が多いという意見もあります。
甘えさせない方がいいとか、泣いてもしばらく放っておく方がいいなんていう方もいますが、だっこしてあげてください、泣いたらどうしたの?と理由をしっかり聞いてあげてください。
してはいけないことを伝えることも大切なことですが、何より、しっかり抱きしめて、ママとパパが常に、赤ちゃんの側にいて、味方なんだということを見せてあげてください。

ママだって疲れるよね…子育てによるストレスの解消方法

能天気なきゃりーですが、正直、イライラすることもありました

ママの苦労仕事がうまくいかない、仕事がなかなかもらえない、焦り、不安……私ってライターに向いていないのかな……と落ち込むこともありましたが、こういう時に限って……夫が出張で長い事自宅にいないというときで、本当にくたびれ果ててしまったことがあります。
精神的に弱い方じゃないと思っていたのに、あれ?どうして涙が出ているんだろう?と自分でびっくりしたことがあります。

妊娠中、つわりですごくしんどい思いをした時にも、「つわりなんていつまでもあるもんじゃなし!どんなに長くても出産で終わりだ」と言っていた私、娘が初めて熱を出したときだって、どんと構えていられて、痙攣なし、水分取れてる!救急で行く必要はないから明日一番でいく!と夫をびっくりさせたくらいです。
だから夫が長く出張だって大丈夫と思っていたのに、育児している事、仕事をしている事全部を投げ出してしまいたい、何もしたくない、私の時間がほしいってホロホロ泣きまくったことがあります。

どうしてなのか?今だからわかること

育児ってどんなに頑張っても、どんなに苦労しても、誰も助けてくれない時間があります。
ご両親と同居しているなどの場合、行き詰った時泣きつくことができるのかもしれません。
でも、核家族化が進む日本では、多分、私の家庭のように、夫が出張などでいなくなったら、育児はただ一人、夫が毎日仕事で夜遅くなるから、常に子供と対峙しているという状態の家庭はわんさかあるでしょう。

ライターとして仕事をし始め、納期もある、だから子供に時間通りに寝てほしいのに、そういう時に限って親の心を察したかのようにぐずる……誰も見てくれない、助けてくれない、仕事できない、どうしよう……こういう気持ちがめいいっぱいになって、いつの間にか一人、大泣きしてしまったという状態を作ったのだと今、わかります。

「終わり」がないんです。
育児というのは、今日が終わってもまた明日がある、明日が終わってもまたその次がある、子供がある程度大きくなるまで、いえ、結婚して一家の主となるまで、終わりってないんです。
だからこそ、疲れてしまう、助けてって言ってみたくなるのではないでしょうか。

そういう思い、一人じゃないです

今、自分だけが社会から取り残されて、子供と二人きり、という孤独を感じられているママ、何かわからないけれど、疲れ果ててしまって泣くばかりのママ、いいんですよ、それで。
泣きたいなら大泣きすればいいし、孤独なら旦那さんにさみしいと大声でいってもいいんです。

あのね、今はわからないと思うけど、子育ては終わりがない、でも、楽になったなーと思うときがやってくるのです。
私たちが親に育ててもらったときにもきっと、あれ?いつの間にか結構自分の時間とれてるじゃん!と思うときが来ます。

何がやらなければならないことがあっても、疲れているなら一緒に子供と寝ていいんです。
夫がいる時間があるなら、美容院いってくるから頼む!と有無を言わさず出かければ、夫は仕方なく面倒をみます。
そうすれば、ママがどんなに大変か、その短い時間で理解するかもしれません。

リラックスする時間を作る、できるならベビーシッターを頼んでもいいし、デパートなどのチャイルドルームに預けて1時間でもいいからショッピングなど、一人で何ができる時間を作りましょ。
大丈夫、あなただけが孤独じゃないし、あなただけがストレスを持っているんじゃなく、それが当たり前なんです。

貴方はどうする?出世するメリットについて

男性だろうが女性だろうが関係ない

出世私はどちらかというと、もし今企業に属していたら、出世したくないと考える方かもしれません。
人を動かすとかそういう事が苦手だからです。

人に頼むくらいなら自分がやってしまう方が気持ちも楽、と考えてしまいます。
こういう人は、下を育てることもできないので、まず出世しません。

女性が社会進出を果たしたとはいえ、海外から見ると先進国なのに女性幹部ってこれだけしかいないの?と驚かれます。
海外では確かに、政治の世界でも第一線で活躍する女性はとても多いですし、女性社長、役員がいても何ら驚くことすらありません。
それが当たり前、仕事の中で男性も女性も関係ないのです。

日本では何かと女のくせにとか、女だからという男性がいますが、いつまでそんなバカらしい固定観念にとらわれているのかとため息が出ます。
女性だから?男性だから?そんなことは関係なく、自分がしたいと思う事、出来ることを精いっぱいしていけばいいのです。

男性だって主夫に向いている人が大勢いますし、現実に今、主夫の家庭が増加傾向にあります。
主夫が活躍する家庭は円満家庭が多いです。

出世するのを拒む女性も多い

仕事と家庭を両立するのがとても難しい日本です。
働くママたちが気持ちよく働ける環境づくりが先進国の中でも徹底的に遅れています。

結婚して子供を持って働くという事に大いに同意してくれる夫もいますが、まだまだ女のくせにという時代錯誤な夫も多いのです。
家庭円満を維持するためにも出世しないほうがいいと考える女性も少なくありません。

女性が出世するとおじ様達社会の中に入っていくことになりますが、それが面倒、という方もいます。
女性らしさを保てなくなるのでは?という方もいますが、いえいえ、キャリアを持って出世した女性はみなさん美しく、非常に女性らしい気品ある方々ばかりです。

出世するメリットってある?

お給料が高くなる、という最大のメリットがありますが、それよりも、意思決定権を持つことができるというこの上ない光栄なことができるようになります。
部下だったころ、私ならこっちを選ぶのに……と思っていたら、案の定、それを選んだ上司の方がお得意様をゲットしたなんて悔しい思いをしなくても、自分が上にたてば、自分の信じたことに決定権を持って行使できるのです。

社内で地位を持つという事は、自分の仕事に自信を持って取り組める環境を作る事が出来るという事にもなります。
欲しい情報を集めることも、部下を成長させてブレーンとしていくこともできます。
責任は出てきますが、色々なことが自由になり、出世するという事が仕事への意欲を大きくかきたてる事だと知る事になるでしょう。